草泥马

中国語新語

草泥马(cǎo ní mǎ

日本語訳

罵り言葉。“Fuck your mother”(お前の母親を犯してやる)の意。(※解説参照)

草泥馬-200x263

解説と補足

“河蟹”の誕生を契機として、中華ネット世界に多数の珍獣が出現することとなる。すべて発音をもじったもので、後に「十大神獣」と祭り上げられた。

中でも最もヒットしたのが“草泥马”である。字にとらわれず、発音そのままで考えればすぐにわかると思うが、中国語で最も典型的な罵り言葉となる“操你妈”(Fuck your mother)を暗示しているのだ。

母親が罵りの対象になるのは日本と同じだが、出べそぐらいにしかならない日本と比べ、中国語では強姦の対象になってしまう。もちろん、中国のそれは大人用の罵り言葉なのだが。

“草泥马”の外観のモデルとなったのがアルパカであり、“草泥马”のヒットと同時にアルパカをベースとした“草泥马”の動画やイラストが大量に出現しているが、あまりにも大受けしたため、検閲対象となっているようだ。

発展版として、“沃草泥马”という表現もある。一目瞭然だとは思うが、“沃”は“我”の“谐音”(発音が同じか近いこと)である。主食である“沃草”を食べる“草泥马”なる説明もあるのだが……。“卧槽泥马”とするものもあるが、意味は同じである。

そして、草を食べ過ぎて巨大化したものを“狂草泥马”と言う。“狂”は「激しい」の意を表す副詞。激しく……の意味になる。

そして、この“草泥马”の生息地とされるのが“马勒戈壁”である。“马勒”は馬の頭から頬にかけてからんであるくつわを飾る組紐のこと、“戈壁”はゴビ砂漠のことですが、これも“谐音”で、“草泥马”とほぼ同じ意味になる。そう、“妈了个B”だ。

ちなみにだが、“河蟹”は、“沃草”を食べつくす“草泥马”の天敵なんだそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加